人気ブログランキング |

部品はまだ届かず…

先日注文した部品類の件で、マリン修理店から連絡がありました。
船外機が古いので要望の部品で一部もうつくって無いとのことです( ̄◇ ̄;)
無いのはバキバキに亀裂の入ったフロントのカバーと保険で頼んだコイルASSEMです。
コイルは仕方がない。もし動かなかったら…何か策を考えよう。あとフロントカバーは無いなら直します(*`へ´*)

f0346768_22584116.jpg
ステッカーもバリバリに破れて、プラ素材のカバーは見えにくいですが、下方からチョーク穴に向けてパックリ割れてます。このカバーはキャブにボルトで縫い付けているのですが、この割れもあり、現在グラグラで感じが悪い。
さて直し方は、亀裂に添ってハンダ小手で、母材同士を溶かして接着。表面をエポキシボンドで均した後、ペーパーで仕上げました。この方法は上手くいきました。
そしてステッカーはというと、防水用のシートを買ってきて、パソコンで作りました。
f0346768_23131573.jpg
2のマークのデザインも若干変えてペッポコオリジナル、フロントカバーの出来上がりです。思ったよりも上出来です(^◇^)
あとは部品待ちなんだけど、このGWが非常に憎いですね〜。






by loveboatfishing | 2015-04-30 22:48 | Comments(4)

船外機復帰中

今回船外機を機内までバラして気付いた点は、機内に付着した茶色へどろ?はというと、ベアリングからの錆びでした。
オイルシールのリップが摩耗しており、海水が混入したのではないかと思います。
それと、ピストンを外して洗浄をしてましたら、ポロっと何かが落ちました。なんだこりゃ?と拾い上げると、何かの破片…。
すぐに気付いた私。あぁーっ!!(;゜0゜)そうですピストンリングが一本見事にパックリ逝ってました。時々エンジンの回転数がカクッと落ちていたのはこのせいかもしれません。
ともあれ機内部品は結構ボロってます。
取り敢えずピストンとチューブを測定しました。
f0346768_15214441.jpg
f0346768_15223212.jpg

ピストン径はφ41(-0.09〜-0.13)
チューブ径はφ41(0〜+0.02)

クリアランスは0.09〜0.15mmであったので、直径に対して3/1000をクリアランス限界値(これは鍛造機の摺動部品の取り替え基準値です。)とすると、まだギリ大丈夫そうです。多分この考え方はピストン部に適応するはず。いずれにしても、ピストンリングが入るので、隙間関係は大丈夫そうです。

あと逝ってた部品はこれです↓
f0346768_15475100.jpg
f0346768_15481236.jpg
お決まりのインペラ君。見事にちぎれてました。この前の点検では水の吐出しか見てなかったので、完全に見落としですね。手抜きの結果はこんなもんでしょう。

さて、後は部品の調達。
今回この点でかなり苦労しました。
どこにどのようにして注文すればいいのか??取り敢えず、近くのバイク店を点々と回りましたが、「うちはマリン関係は扱ってないよ。」と門前払い。
ヤバイ( ̄◇ ̄;)部品が無いと組めないね〜。
あとはインターネットで探すしかない。と夜な夜なパソコンとにらめっこが続きました。
そして遂に見つけた車で10分のところにある、外観が怪しいマリン修理店。
こっちに住んで7年になるのに、こんなに近くにこんな店?があったなんて知らなかった。
取り敢えずパーツブックを持って行くと、人当たりの良い親父さんが対応してくれ、何とか無事に部品を注文できました。感謝です!
ベアリングとオイルシールはいつもの業者さんに依頼済み。メーカーから買うより、こっちの方が絶対安いですからね。部品に関してはホッと一安心です。
しかし作れる部品は自分で直しますよ〜。だって小遣い減らされましたから〜(^_^;)

ヘロヘロになったピストンヘッドのガスケットと、ビリビリに破れた本体と足の合わせ面に使用するガスケットは職場のシートパッキンを少し頂いて作りました。
f0346768_16081964.jpg
1mmのシートパッキン。

f0346768_16083399.jpg
f0346768_16095426.jpg
これはピストンヘッドのガスケット。
ピストン側になる内側には熱が掛かる為、銅パッキンが巻かれてました。さすが日本の技術ですね。この作りには感心しました。さすがにこれは作れませんから再使用です。取り外した銅パッキンは一度火でナマして、取り付けました。
何故この作業が必要?実は使用した銅パッキンは酸化して硬くなっています。そのまま再使用すると、必ずそこから漏れが生じます。
そこで一度赤くなるまで火でナマすと、柔らかくなりパッキンとしての機能が回復する。という訳なんです。
f0346768_16100972.jpg
そしてこれは上下の合わせ面のガスケット。
何とか完成。パッキン類はこれでOKです。

取り敢えず必要部品は何とかなりそうです。
あとは部品待ち。
それまで、エンジン点火の仕組みを勉強することにします。


by loveboatfishing | 2015-04-27 14:55 | Comments(2)

やっちゃえ!やっちゃえ〜!!

先日の釣行で高波にKOされた愛すべきスズキDT2君。何が原因で動かないの??サッパリ???ちんぷんかんぷんです。
ジーっと睨んでてもなおる訳がない。ウズウズしてきました。よしっ!
『 動かぬなら、バラしてしまえ  船外機』
byヘッポコ心の俳句

ネットでダウロードしたパーツブックを片手に分解を始めました。
取り敢えずカバーを取って、タンクを取って、キャブ取って、…あっ、バラすのに夢中で写メ撮るの忘れてました。途中から気付いてパシャ。
すると、シリンダーヘッドのカバーを取り外してビックリ
∑(゚Д゚)なんじゃこりゃ〜!!
f0346768_00572736.jpg
パカッ
f0346768_01013062.jpg

はっかっ◯の塩っ🎵のレベルじゃなく、岩塩に近い塩の結晶??中がガッチガチ( ̄◇ ̄;)
あれ程塩抜きを入念にやってたのに、この始末なんですね。
f0346768_12435911.jpg
しかもピストン内は水滴らしき物も見られヘドロっぽくなってる有様。こりゃバラして正解だったかも。
他もバラしながら、フムフムなるほど〜っと感心しながら、部品をいちいち眺めて外しいく中で、工具が無いと緩まないナットが…( ̄◇ ̄;)
ここでテンションが急降下。やっぱり工具は必要です。あとは職場でやることに。

さて場所を移して職場で作業に取り掛かりました。
上部のフライホイールは錆びで固着してましたので、治具を使い取外すと、

f0346768_12384868.jpg

現れました、イグニッションコイルのASSEMです。見事に錆び付いてます。これ生きてんの?私にとってある意味最大の敵は電気系統。
f0346768_12391541.jpg
この際テスターの使い方を学ぼうと電気係りの同僚に教えてもらいました。
ここをこーして、あーしてと教えてもらい(この辺の作業はなんか説明が難しいので、ハショります。)、何とかどうつうが確認。物は生きてる様子です。

んでもって胴体をぱかっと開くと、何とも言い難い匂いが…。
ここはそれほど塩の被害はありませんでしたが、やはり少なからず塩の塊はあります。
f0346768_12531702.jpg

f0346768_12555779.jpg
f0346768_12561486.jpg

そして待ちに待った機内とごたいめ〜ん
f0346768_12583722.jpg
f0346768_13022282.jpg

何ともおもちゃの様な作りで、簡易的な構造です。軸受けは全てニードルと深溝玉のベアリング。それ程の衝撃荷重が掛かるわけじゃなんだなぁと新たな発見です。取り敢えず磨きますか〜(^◇^)

by loveboatfishing | 2015-04-25 00:43 | Comments(2)

二馬力ボート釣り大惨事(泣)

4月22日 晴れ
中潮  満潮7時28分
リベンジの意を込めてシーズン2回目のボート釣行です。
場所は前回の第2ホームだ!!…と言いたいところですが、やはり釣果が欲しい…とのヘタれっぷりから本命の第1ホームへ車を走らせました。
今日は2人釣行。出発の時にちょっとしたトラブルがあったので、現地には7時過ぎに到着。遅れを取り戻そうと、いつも以上に急いで準備を整え、いざ出撃!!
f0346768_23231234.jpg
アンカーシステムは思い切って色を塗りました。
さて海上に出てエンジンに火を付けます。いつもは、ヘソ曲がりのスズキDT2ですが、今回は一発で始動。
パンパンパンと小気味の良いエンジン音で、船外機も調子がいい感じです。
今日はなんかいい日だな〜!?釣果も期待できるかも〜( ̄▽ ̄)ムフフ
なんて思っていましたが、今日はとんでもない災難が最後に訪れるとは夢にも思ってませんでした。

取り敢えず海上からの写メです。パチリ
f0346768_23221952.jpg
水は結構綺麗でしたが、底は海藻がビッシリでした。

さてさて魚探の反応はといいますと、出てますねー。前回の第二ホームの時とは比べ物にならない程の反応です。しかしなかなか当たりがないまま一時間が過ぎた頃やっと当たりが。
明らかにピンギスではない、いいサイズのキスがポツポツ上がりました。
f0346768_23224087.jpg

しかし、なかなか続かない。あまり群れになってないのか、それとも腕が悪いのか。多分後者ですね。
ポイントを行ったり来たり。ここでもけっこう動きました。
13時まで粘るも渋い釣果。サイズは問題ないですが、本格的な釣果は5月に入ってからですね。
f0346768_23225741.jpg

さて本日の災難はというと、釣竿も終い、砂浜に帰る際、いつもの様に燃料コックを閉め、キャブ内のガソリンを使い果たした後に、オールで戻るんですが、水際は波が高かった。
前に乗っている同乗者にオールを任せ、波の高くない方に着岸しようと、後ろから行き先を指示しておりました。…が、波の高い方、高い方に船が進みます。「違うっ!違うっ!そっちじゃない!」時既に遅し。
船のコントロールがきかないまま船が波に煽られ、最後のどデカイ波に船が呑まれました。
転覆は免れましたが、船内が水浸し(−_−#)
ハッと気付いたら魚探はプカプカ流され、竿は一本無くなり、作業テーブルがない!?
魚探は回収しましたが、竿とテーブルが見つからず。改めて探すなんてそんな余裕は無く、水の入ったボートの重いこと。
オールじゃ進みません。その間に第二陣、三陣の波が追い打ちを掛けます。
このままじゃラチがあかない、そのまま海に入りました。深さはお腹より少し深いくらい。引っ張りながら着岸。胴長のなかは水が入ってタプタプしてます。そしてもう一度ハッとしました。
もしかして「船外機は…?」
振り返ると、しっかり塩水を浴びるというより、浸かってビッショリです。
少しの期待を胸に、帰ってエンジンを掛けるも、点火せず。
やっぱり?マジで…??
恐る恐るカバーを外し中身を点検。かなり水滴が滴っております。
分からない…エンジン死にました…orz
シーズン開始したばっかりなのに( ̄◇ ̄;)
まいった(/ _ ; )





by loveboatfishing | 2015-04-22 23:20 | Comments(4)

二人釣行用準備完了

今日は天気が朝からグズり気味。
風も強くなるとの予報。…は大当たり。
なので昼前から、知る人ぞ知る近くの河口に潮干狩りに行きました。
f0346768_16173851.jpg
約二時間程ホジホジやって酒の肴程度の量が取れました。今年は何者かにアサリが食べられており、取れないと騒いでる様子。
しかしながら、この漁場はその原因の「なんとか貝?」が居ないみたいです。穴場とはこういった場所なんでしょうね。

さて今日はそんな潮干狩りから帰って来て、ボートのとある艤装に。

以前のフロントガードはテーブルがセットになってましたが、今回新アンカーシステム導入に伴い撤去。
Before
f0346768_02155363.jpg

after
f0346768_11475640.jpg

ありゃりゃ?お客様用のテーブル無くなっちゃいました(^◇^;)

実は何だかんだと、僕は二人釣行が多い。
テーブル無くなるとどー思うかなぁ…。でも同乗者の作業テーブルは作るのが面倒だから無くてもいいか!?…でも船の中でエサ箱なんかひっくり返されるのは勘弁…。やっぱり作るか…。
の考えに至り、今回のシーズン最後の艤装になると思われる、お客様用作業テーブル製作に着手。
テーブルは事前に製作しておきましたので、今日は位置合わせをした後、船に取り付ける作業のみ。

椅子に6ミリの丸棒で製作した取り付けかなぐを差し込み、テーブルをスライドさせるだけ。
取り付けは至って簡単です。
f0346768_19154671.jpg
テーブルの裏には各固定部品をボルトで取り付けてます。
f0346768_19205069.jpg

f0346768_19215300.jpg
スライド部のハメ合いをキッチリと仕上げたので、すっぽ抜けはありません。今回のポイントは、テーブル位置をズラせるという点。

僕はオールを使う時や仕舞うときに、何かとオールが干渉して、モタモタするのが凄く嫌なんです。その間に船は流されるし、格好悪いし…まぁ一言でまとめると、かなりせっかちな性格なんですよね〜(; ̄ェ ̄)

その点を考えて、オール使用時は、テーブル位置を任意に変えれる様に考えました。
f0346768_19370041.jpg

f0346768_19371875.jpg
この差は大きい効果があります。きっと…?
あとついでに差し込み式の背もたれも付けちゃいました。
f0346768_19422004.jpg
この腰掛け椅子自体はオリジナルの付属品ではなく、僕の手作りなんで、改造したい放題です。

さて、これで戦闘準備は万端です。
あとは今シーズン釣りまくるだけだψ(`∇´)ψ

by loveboatfishing | 2015-04-17 16:08 | Comments(2)

今シーズン初出撃(試運転含む)

《昨日》
急遽明日休みに…。
何しよ〜??
そーなりゃ行くでしょ!?
行かない理由はありませんっ!
しかしどちらに行くか?桜の咲く季節と言えば
「桜カレイ」…?今が肉厚で旬だ!
それとも少し早い気がするが、
「浜の嬢王キス様」…?天ぷら、唐揚げも捨て難い!
パソコンを前に釣り情報とガチのニラめっこ。
そーゆー時は必ず後ろで声が聞こえます。
嫁:惨敗しなきゃいいけどね〜( ̄+ー ̄)
その言葉と表情に悪意を感じました。
私:今の俺に敗北と言う言葉はないっ!
売り言葉に買い言葉のやり取りのあと、ペナルティーを掛けた釣行がスタートしたのは言うまでもありません。

よしっ!決めた!明日は新アンカーシステムの試運転も兼ねてキスだっ!!
いざ二馬力船出動であります
ε=ε=ε=┌( ̄◇ ̄)┘準備だっ🎶準備っ🎶

【本日】
朝ウッカリ二度寝をかましてしまい、少し遅めの5時50分出発。
f0346768_15024645.jpg

中潮 満潮8時30分
朝の海水温は12.5度(携帯アプリの速報)
ここで行き先に悩みます。今日の風は東。でもキスなら、西の第1ホームより東の第2ホームだ。と言う事で、行き先決定!
車を40分程走らせた場所にある東の第2ホームへ。
どなたさんかのブログでは魚の活性が上がってるように感じましたが、私のホームはどうだろ?
着いたら早速準備です。
しかしながら、なーんか雲行き怪しい(・・;)
f0346768_16551335.jpg

さて準備完了です。
姿はイー感じですよー!
f0346768_16583392.jpg

空は…。先が霞んでます。雨か?カッパを持ってきてません。しかもまだ風が冷たい。かなり不安ですが、とりあえず出航です。
この天候は1日中続きました。
f0346768_17031637.jpg

今日はこの釣り場をかなり走りました。いつもは陸から500m〜600mの範囲でウロウロしてますが、今日はかなり沖の沖まで行き、初めて海上で給油もしました。
何故か??
それは生命反応がかなり薄かったからです。
魚探を握りしめ、海上で思わず「薄っ!!」と叫んだ程です。
とりあえず糸を垂らしてみました。予想通りアタリのアの字もありません。

釣果は置いといて、ここでまず、新しく製作したアイテムの結果を発表。
まずは作業テーブルの具合ですが、これは文句無し!ちょうどいいサイズで、使い勝手は良好。
f0346768_17161952.jpg

そして魚探の振動子の位置は、画像にノイズが入らないので、これも良い結果です。

そしてそして最後に新アンカーシステムはと言いますと↓
f0346768_17192404.jpg
使用中はこんな感じになってます。ちなみにドラムのハンドルとポール立ても取り付けました。
今日は2キロのマッシュルームと言うか、自作のエノキ型のアンカーを使用しました。
問題の巻き揚げ時にドラムの足の強度が心配でしたが、砂に食い込んだアンカーは難無く容易に回収することが出来ました。この時点で気になっていた問題は全てクリアーといった感じです。
取り付けも容易で、かつ全体がかなり小規模。巻き上げたロープが船上に散乱する事がない。止めたいところで簡単にロープをストップ出来る。イメージ通りの仕様です。
これは大成功の逸品となりました。これが今日の一番の収穫でした。
図面も設計済みなので、壊れてもまた同じ物を作れます。技術って人生のどこで活きるか分からないなぁ〜と感動してました。

さてさて、製作物に感動してられない。主体は釣りです。嫁に強気な事を言いった手前、魚さんが居ないと話にならない。どうしよう…。
しかし魚探を見ながら超スローで走る中で、時々中層、下層でぽつん、ぽつんと反応する生命体。この正体は何だろうと思ってたら、実はそれはエイでした。
超スローで走っていると、明らかに船外機の音ではない、バチャバチャと水面を叩く水音が!
振り返ると、5匹のエイが連なってる。しかもずーっと追い掛けてくる。一回そこでエンジンを止めると直ぐ居なくなるが、また走り出すと、またどこからともなく集まって追っ掛けてくる。もちろん魚探にはそれなりに反応はあります。
何故連いてくるのか?考えても答えが出ない。深く考える中で、辿り着いた言葉は、エイかよっ!!∑(゚Д゚)と俺はブレーメンの音楽隊かっ!?の突っ込みでした。

結果…第2ホームに魚はまだ居ません。
ボート釣りで久々のボーズ。

今月後半リベンジだ!!






by loveboatfishing | 2015-04-09 14:11 | Comments(4)