人気ブログランキング |

カテゴリ:船外機の事( 4 )

2017 初UP

去年はやっとこしらえた漁業権もタイ出張で約半年分を削られ、なんとも手痛い年になってしまった。
そんな矢先にまたも先月の後半からタイに出張…。これは短期で帰国することが出来ましたが、流石にこんな感じじゃ、今年こそは!…なんて気合いがイマイチ入らないε-(´∀`; )
だからブログも熱が入らずホカリッぱなし。
釣り具もホカリッぱなし。
ボートもホカリッぱなし。

とりあえずマイブログが立ち上がるか心配でしたが、難無く立ち上がりましたわ。
そんな中、過去の栄光をのぞいてたら、沸々と湧き出すものが…。

やっぱり釣りに行きたいんですっ(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

今日はそんなモヤモヤ感を吹っ飛ばしてくれるわー!!との闘魂注入と今年一年の大漁祈願も込めて船外機に火を着けてみました!!

イヤーしかし久々のブログUPです。
えー?約半年ぶりですか!?そんなんなりますか??
それにしても皆さん…
元気ですかぁー!!!?(猪木アゴで)
えー?そんな事はどーでもいい??
早く話を進めろって?
前置きが長い!?
自分でも長いと思いつつも、どーでもいい文が次から次に…。
ラチが空かないので、そろそろ本題にいきますよー!!

改めてまして、「ヘッポコ釣り師2017年大漁日記」の始まりだぁー!しゃーなろー!!

「寒い〜寒い〜!」とつぶやきながら、家裏の物置の前で立ち止まり、扉をそーっと開けると…二台の船外機がこちらをガン見!??
そして怨念の様な声が…
f0346768_15284529.jpg

ジャジャ馬DT2:よくも去年はDF2なんぞに乗り替えやがって、この目移り激しい浮気ヤロー!!お前なんか罰として海上でスタータロープ100回引かせてやるの刑だ!

気分屋DF2:よくも8月から顔も出さず、いけしゃーしゃーと目の前に出て来れたもんだね〜!放置プレーにも限度があるわー!!あんたなんか、罰として海上でシャーピン予備無くなるまで折れまくりの刑よ!!

…な〜んて声が聞こえてきそーです((((;゚Д゚))))))

しかしやっぱりこの子達をみると、ムズムズしてきますね。

とりあえず予備のガソリンを見つけて、先ずはジャジャ馬DT2から始動。
ブルル…ブルル…ブルル…。流石ジャジャ馬。始動する気配が全くない。
これは想定内のことだと思いつつも、やはりだんだんDT2に腹が立ってくる。とその頃合いをみてるのか、タイミング良く始動音に変化を付けてくるんですよε-(´∀`; )やはりジャジャ馬だ。
何とかエンジンに火が着きました。
あー疲れたぁ〜⤵︎
f0346768_16023953.jpg

低速、高速のエンジン音には異音は無く、吹け上がりも問題無し。

f0346768_16274252.jpg

冷却水も勢い良く噴射してるのが分かります。
約30分程回してもエンジンのリズムは変わる事なくガソリンを使い果たし停止。ヨシ!OK!

続いてDF2はといいますと、
f0346768_16274391.jpg

なんと一発でエンジン始動。さすが4ST。点火が安定している。

f0346768_16274427.jpg

冷却水もいい感じで吐出してます。
エンジンオイルはまだ十分綺麗ですから取り替えはまた今度にしました。

f0346768_16274482.jpg

このDF2は初期モデルですが、まだエンジン内も綺麗で、オイル漏れは一切みられませんから、まだまだ現役バリバリです。

2基とも火入は良好です。
しかし2基をそれぞれペラを回しても分かったことは、やはり4STのほうが、バケツの水の溢れる量が明らかに多いということ。(アクセル1/4回転)
同じ二馬力とはいえ排気量が違うことで、水を搔き出す量の違いをかなり感じます。

排気量
ジャジャ馬DT2:40cc 時速9〜10km
気分屋DF2:68cc 時速13〜15km

この二基のスピード差は最大時速約6km。
二馬力とはいえ排気量の差が、スピード(推進力)に関係してくるのは確かだと思えますね。
まぁ推進力はペラの回転ピッチやなんやかんやとあるみたいですが、やっぱり排気量があると、安定してトルクを維持できる。
…排気量…モット欲シイデス(°▽°)

そーいえば二馬力クラス最大の排気量がトーハツの85.5ccだと聞きます。
ヘッポコワンダー君に搭載すると一体どれくらいのスピードが出るんだろう…?
ん〜一度試走してみたいですね〜♪(´ε` )

そんな事を考えながら、DF2のカバーを取り付けてたら、指を挟んでしまった…。
ん?噛まれたのか?
怨念か…まさかね〜(~_~;)

…ということで、今回は船外機の試運転でした。
次回は篠島でも行こうかと思案してます。
そう…また座布団釣りに行っちゃいますよ〜♩
お楽しみに〜♪( ´θ`)ノ
んが〜ぅんっぐ!!(サザエさんのエンディング風)


さて今年もボート釣り師の皆様、遅い挨拶になりましたが、どーぞよろしくお願いします(о´∀`о)

by loveboatfishing | 2017-02-08 17:14 | 船外機の事 | Comments(6)

2馬力船外機動作確認

また寒い日が来たと思ったら、今週からいよいよ暖かくなるようで、春もすぐそこまで来てます。な〜んかウキウキしているヘッポコでございます(*^o^*)

さて今回は先日購入した中古のスズキDF2の動作確認をしました。
ここ最近仕事からの帰りが遅かったので、やっと箱から出すことが出来ました。
f0346768_20242351.jpg

先ずは内外のチェック。
外観は多少のすり傷はありますが、中身は綺麗な感じです。
f0346768_19580324.jpg
前オーナーがここ三年で、コイルスターター、キャブ、アノード、燃料コック等様々新品と交換したらしく、ギヤオイルも綺麗な状態でした。毎年丁寧に整備していた様ですね。良い状態で購入出来ました。

取り敢えずエンジンオイルを注ぎました。
f0346768_20060673.jpg

よーし!行くぞー!、とスターターに手を掛けて……チョーク引いて無かった…。
よーし!行くぞー!……ガソリンコック開いて無かった……。
今度こそよーし!行くぞー!……アクセルがスタート位置にして無かった…(-。-;
なんか慣れないうえに気ばかり走ってしまい情けない(^◇^;)

気を取り直しスターターロープを数回引くと、
勢い良くエンジンが回り出しました。
f0346768_20234453.jpg

さすが4スト。音がかなり静かだーΣ(・□・)
2ストを常時使用していたので、この音の違いには衝撃的ですね。

エンジンの吹け具合や、低速、高速問題なく回ります。冷却水も良い感じで吹き出します。
アクセルを固定して約30分程回してましたが、エンジン音も一定のリズムを狂わせる事無く燃料を使い切りました。
動作確認完了です。

今シーズンに向けて準備完了しました!
さぁいつでも行けますよ〜(*^o^*)

by loveboatfishing | 2016-03-16 19:48 | 船外機の事 | Comments(6)

メイン船外機購入

気温が上がったり下がったりで何とも言えない季節。しかし海の水温は徐々に上昇しているようで、確実に魚の活性が上がってくると思われる今日この頃です。
そんな中、今回遂にメイン船外機の購入に踏み切ったわたくしヘッポコであります。

2013年に購入した中古のスズキDT2君
f0346768_23551011.jpg
前々回の試運転で走行中に海上でエンストを起こしたので、取り敢えずキャブ内を洗浄。
そのキャブ内がこれ⬇︎
f0346768_12212309.jpg
f0346768_12205649.jpg
ニードルをバラして洗浄すると、細かいゴミが出てきました。そしてフロートタンクの隅にはサビがしっかりと付着。
原因はこの蓋のサビだと思われます。
f0346768_12232982.jpg

そのおかげで機嫌も直り、前回のお試し釣行は一発始動で、一度もエンストは起こしていません。
思えば水没事故でエンジンおしゃかからオーバーホール後、見事に息を吹き返し、都度手入れを施しながら共に海上で戦ってきた戦友。
最近ではグリップアクセル化にもなり、画期的な変貌を遂げたこの雄姿。
トップスピードまでの加速は上々でまだまだ現役バリバリです。
しかしながら排気量は40cc代のため、逆風や流れの速いところを逆走するとトルク不足が目立ちます。やはりロートルの弱みでしょう(-。-;
また2ストならではのデメリットも多々あります。

そこで今シーズンは新しい釣り場に挑むと言うことで、新たな船外機候補を立て検討しました。
メンテナンスフリーの空冷式、そして何より流し釣りで本領を発揮する遠心クラッチ式のHONDAか?
それとも加速と排気量、あと簡易構造の2ストマーキュリーか?
はたまた排気量、重量も4ストでは良いとこ取りと言われるスズキDF2か?
う〜ん、どれも欲しい…が選ぶのは1つ。
色んな方に話を聞きましたが、結局最終的にポチッとクリックして選んだのはこれ⬇︎








f0346768_00194069.jpg
今回デットスロー装備のスズキDF2が昨晩我が家に届きました〜*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


まだ試運転は出来ていませんが、これで今シーズンはっちゃけてやろうと思います( ^ω^ )

嫁のバッシングですか??
そりゃ〜も〜鋭く尖った言葉は右耳から左耳を通過して何処かに行っちゃいましたわ。ウソです(笑)
土下座姿で感謝の儀式を行いました。

by loveboatfishing | 2016-03-11 23:44 | 船外機の事 | Comments(6)

スズキDT2始動!?

先日注文した船外機の部品がやっと揃いました。
f0346768_16525955.jpg
クランクの軸受けと、写真を撮り忘れたオイルシール。合わせて900円

f0346768_16531361.jpg
マリン修理屋さんに発注してあった、ピストンリングと、インペラ。二つで4800円
部品費は5700円で事足りました。

よーし!早速と言うか、速攻で組み上げます!
f0346768_16533216.jpg
・まずはクランク軸とベアリングからです。
嵌め合い隙間はほぼ0でした。物も小さいのでここはベアリングを少し暖めて組みました。


f0346768_16535110.jpg
・続いてピストンリングの組み付け。
これは結構慎重になりました。無理をすれば簡単に折れてしまいます。ピストンリングはC面が下(ヘッドとは逆方向)に向くように組むらしいのですが、このリングにはC面が見当たりませんでした??はて?ないのかな?一応ドットマークが上を向くように組みました。

f0346768_16540521.jpg
そしてクランクASSYをケーシングに組み付け。
潤滑油はエンジンオイルを使用。グリス使用はNGです。何故ならこの空間は気化したガソリンの通り道。グリスは不燃焼の原因になります。
ピストンは通り芯が出れば親指で押すと、ズズズーっといい感じの抵抗を感じながら、挿入できました。新品のオイルシールを組み付けです。周りにシリコンを塗布しました。しかしこれはあまり必要ないかな?

f0346768_16542393.jpg
さて、合体です。合わせ面のガスケットは耐ガソリン用か耐熱用か迷いましたが、今回は耐熱用をチョイス。早々に漏れたら今度は耐ガソリン用を塗り直してみます。
この後、手の平で圧縮を確認したら、かなり吸い付く感じがありました。本当は専用の圧力計で見るべきなんですが、んなもんありません。とりあえずリングの向きは合ってる…と思います(^◇^;)

・続いてピストンのストロークを測定しました。
今回はコイルASSYも水で洗ったため取り外してしまい、そしてフライホイールもカーボンの接点が錆びてたので磨きました。勿論コンタクトブレーカーの接点も入念に磨いたので、確実にスパーク位置がズレてます。なのでスパーク位置の調整要と判断。
まずはプラグのスパーク位置で最も必要とされるクランク角度(15度〜18度らしい)探し。その部位を数値で探しました。

f0346768_16545310.jpg
f0346768_16550451.jpg
ストロークは37.80㎜として、クランク15度位置は計算で出すと、トップから3.15㎜下がった位置です。
f0346768_16551630.jpg
この位置でフライホイールに印を付けました。
そして、その位置でコンタクトブレーカーの隙間調整です。隙間目標は0.35㎜。この隙間がスパークの火花の大きさをかなり左右するとのことです。下手するとエンジン点火は無いとまで言われました。(マリン修理屋社長談)
しかし、こーゆー調整って結構燃えます(。-_-。)
0.35㎜のスキミゲージで確認しながら、マイナスドライバーで調整。結構シビアにやりました。
f0346768_16553135.jpg
f0346768_16554372.jpg
調整完了。後は順次に組み付けていきます。

・組み付け開始からここまで約4時間半。遂に運命の試運転。
ドキドキしながらスタータロープを握り締め、一回ブルル…二回ブルル…。そして三回、四回引き終え手応えを感じません。やっぱり素人ではダメか…クソ〜(♯`∧´)
ん?ありゃ??ガソリンコック開くの忘れてました(^◇^;)
f0346768_16562379.jpg

・ガソリンコックを開き、気を取り直してスタータロープを再度握り締めました。
一回目ブルル…二回目ブルンブルンブル…、少しずつ音の変化を感じます。そして三回目ブルルルルルン…と明らかに音が変わり、4回目のスターターで、ブルルル〜パンパンパンパン!
遂にエンジン始動ぉぉー!!
♪───O(≧∇≦)O────♪キター!!
f0346768_16563720.jpg
f0346768_16565062.jpg
冷却水も明らかに今までと出方が違う!スゲー出てるしっ!!改めて感動ヽ(;▽;)ノ
素人でも成せば成る!これで今後壊れても、ある程度自分で修理が出来そうです。
そして、これで今シーズンを見送ること無く堪能できると思うと無茶苦茶嬉しぃー!!
張り切って行っちゃいますよー!
とりあえず今夜は宴じゃ〜!!


by loveboatfishing | 2015-05-13 16:51 | 船外機の事 | Comments(8)