ぷち釣行

最近は仕事が多忙で、また当分ボート釣りにも行くなくなってしまう今日この頃。
とは言え、ヘッポコにとって釣りは趣味や道楽と言うより心のエネルギーチャージなんです
言うなれば生活に必要な潤滑剤なんです。
だから釣れても釣れなくても、とりあえず竿持って海に向かって糸を垂らすだけでもいい…でも釣れればもっといい(´ω`)
そんな欲求を我が職場は叶えてくれる。
そう!仕事が終わったら釣りに行ってみよう!
てな感じで行ってきました。

19時過ぎに仕事を終えて、いつもとは少し場所を変えて釣り開始。
エサは3インチグラスミノーと4インチのバグアンツの2つで勝負。どちらも実績アリの優れもの。
今日の獲物は大きなカサゴちゃんとマゴチ君。そして、先日同僚が真横で上げた45㎝超えのキジハタ君。
あれ以来キジハタ君にゾッコンのヘッポコでございます。

さてさて釣り場に着いて第1投目。
今回の釣り場は水深があってかなりいい感じです。着底するまでかなりラインが出ました。
着底後はボトムバンピングを数回繰り返し、ゆっくりタダ巻き。
すると竿先がククッーとお辞儀…。
おっ!?1投目から幸先が良いな。カサゴちゃんかな?っと思い、リール巻く手を止め、少しストップを掛けると、竿先がグイーンと一気に持ってイカれたー((((;゚Д゚)))))))あーれー?
この竿はアジングロッド。使用ウエイトはMax7g。柔らかいんですよ〜(´・_・`)
だからってカサゴの引きでは無い事は確か。
ラインが出たと思ったら、ゴンゴン首を振る始末。こりゃもしかしたら…?と期待とドキドキ感を味わいながら水面まで引寄せると…




キター♪───O(≧∇≦)O────♪
f0346768_01241679.jpg
 46㎝のマゴチ君〜💖
一投目から…アカン、もう満足や(*´꒳`*)


と思いながら、二投目を投げ込むとここからカサゴ祭り。だが20㎝弱で小さいからリリース。
数匹クーラーに入れて、気になる場所へ移動。

場所を変えて2、3投投げてたら、ワームの尻尾を千切られたので、バグアンツに変更。
一投目…着底すると同時にラインが走った…が、ヘッポコ気付かない。
何故なら顔の周りに集る蚊にイライラMaxで、蚊とガチのバトル中(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
この蚊絶対叩き殺すと決意を固め少々釣りを忘れてました。
すると竿にその引きが伝わり、そこから大慌て。
合わせると、グイーッと引いてビクともしない。ラインは鬼出でリールはジージー音を鳴らしている。
えっ!?エイさん?エイさんなのー??と思い、ラインを切る準備に。
しかし、引き方が変わり、グイッ!グイッ!っと重い引きに。しかも、右左に走り回り始めた。
エイさんじゃない!と確信。
奴か?もしかしてのキジハタ君だな!?
ヘッポコ俄然ヤル気モードに!
しかし竿はアジングロッド。しなりが半端ない。
てか腰が柔らか過ぎて思うように寄せれない。
とりあえずラインの鬼出は止まったが、寄せると離れるを10回くらいは繰り返して、とうとう奴が根負け。
ゆっくり寄せて待望の御対面…





まさかのチヌどん…。
f0346768_01542464.jpg
45㎝の立派なチヌどん。そりゃ引くわな〜。

チヌは臭いから、いつもは持って帰らないが、コイツはなんかムカついたから、締めてクーラーにin。で、ここで終了。


釣果
f0346768_01594537.jpg

さて捌き甲斐があります。 
何料理にしましょうね。(*´꒳`*)

[PR]

# by loveboatfishing | 2018-06-18 00:49 | Comments(8)

ストレス発散プチ釣行

仕事終わりの6時過ぎから、ストレス発散に会社構内でチョイ投げしてきました。
エサはワームで、狙いはマゴチ君。
去年の11月にマゴチも居る事が判明。しかも今年はマゴチが良く上がってる様子。もしかしたら…の期待を寄せつつ釣り開始。
夕マズメに入りバタバタと上がるのは20㎝前後のカサゴちゃん。

そして7時過ぎ。
リフトフォールからズル引きに変更して、ボトムをゆっくり這わせていると、ククッーっと竿先を引っ張るアタリが!?
明らかにカサゴとは違うアタリ。
きた?きたか!?
期待をこめてタメを作って〜の合わせー!!
大スカー(ToT)
少し咥えただけみたいな感じでしたね。

8時を回り、辺りは真っ暗。
潮もかなり引いて、風も向かい風。
それまで怪しいアタリは一回きり。
これじゃ逆にストレスが溜まって帰る羽目になりそう…(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

しかしここはお魚天国鉄板釣り場。お魚さんとの遭遇率はどの釣り場よりも高い場所。
ここでダメなら他でもダメだ。
俺はヘッポコ釣り師だが、本当は出来る子だ!と自分を鼓舞しながら、あっちこっちにキャスト、キャスト、キャスト。

ワームはボトムをズル引き、リールハンドルは30秒に一回転。するとコンッと小さいアタリが…。
ん?キタ?キタか!??
竿はトラウトロッド。ゆっくり煽ると魚の重みに合わせて、これでもかと曲がる。
根掛かりかな?しかしジワーと寄せれる。
魚だな!相手はまだ釣られている事に気付いていないから、暴れていない。
リーダーは5号だ。容赦なくいかせて頂きます。ここで思いっ切りフッキングだー!!
フッキングと同時に大暴れ。
そこからは首をフリフリが続き、ドラグが鳴る中で格闘すること約2分。
ヘッポコ見事に勝利しました!!

f0346768_12210542.jpg

メジャーは持ってませんでしたが、50㎝近いお腹パンパンのマゴチ君でした。

今日はこれで満足したので帰宅。
イヤー楽しいね〜。
あとはボート釣りで頑張らなくては!!

[PR]

# by loveboatfishing | 2018-05-27 11:20 | 愛知県 | Comments(4)

2018年 出戻りサーフで初出陣!

時の経つのは早いもので、前回のブログ更新が2017年の11月25日…?え〜!!?:(;゙゚'ω゚'):
もう半年も放置…。
いい加減な性格がブログにも反映されております。

さて季節は新緑の5月。
ボート釣りシーズンは開始してるし、そろそろ動き始めなくては、ということで久々の更新です。
ということで、2018年 今年こそは大物大漁を祈願して、ヘッポコ釣りブログ始まりまーす٩( ᐛ )و

…とは言っても今まで釣りをしてなかった訳じゃない。ちょいちょい陸っぱりからの釣りにも行ってましたし、先月我がボート釣りの師匠が新艇を購入されたと言うことで、乗せてもらいました。大きなボートは準備が大変ですが、乗り心地良く、快適な釣りを楽しめました。ほぼボーズでしたが♪(´ε` )
釣り場はヘッポコもホームにしてましたが、色んな事情により、遂にゴムボ含め2馬力艇使用禁止規制が発令。かなりの釣り師が残念がっているでしょう。ヘッポコもその1人。

仕方ないので、この際ボート一式を手放そうかと思いましたが、ここまで作り上げた趣味はなかなか手放せなかった。ということで、またサーフ野郎に出戻りです。
しかし、こうなるとなかなかボート釣りに行く気になれない。これがブログ手付かずの理由にもなってましたが、今週意を決して遂に出陣して参りました。

目的地は以前ホームにしてた第2ホーム。そろそろ数が上がり始めのキスを期待して、行ってみますかな〜とイマイチ気持ちは上がらず…。それほどまでにホームの出船禁止がこたえてるのを実感。

2018年 5月16日
天気は…
f0346768_17595434.jpg
ご覧通り絶好の釣り日和。
4時過ぎに家を出て、釣り場近くの釣り具屋で餌を調達。情報を聞くと、キスはまだ数が少なく顔が見れたら良い方。今年は少し遅めだそうです。
釣り場に着いたら、手漕ぎボートの釣り師が1人居ました。挨拶を交わしてこちらも準備に。
完了が5時半過ぎ。
久々の準備に時間が掛かり過ぎてしまった。
f0346768_18064406.jpg
…てか、予報では風はほぼ無い予定…。
しかし現場では認識棒がしなり、旗は踊りまくる。…うん…予定通りだ…。

今日は大潮。水際までが近いから助かるが、サーフはやはり出船が大変(;ω;)
自慢のフロントドーリーは、タイヤ半分が埋まってあまり機能しない。こりゃ作り替えるかなぁ〜。゚(゚´Д`゚)゚

さてお目当てのお魚さん達だが、魚探にはチラホラ反応はある。しかしアタリは…ない。
今日は釣り場をあっちこっち移動しながら、アンカーをうっての掛かり釣り、流し釣りを繰り返した。
そんな苦労を買ってくれたのか、7時過ぎやっと待望の一匹が。
f0346768_18190920.jpg
食べ頃サイズで2018年記念すべき一匹だったので、ヘッポコとツーショットでカシャ♫
どなたかのブログで気になってたカルキスか?クンクンと匂うと…ではないので、ホッとしました。

当日は天気予報とは違い、ずっと曇りで風は常に南東2m〜3m程。多少ウネリがあるので、アクセル全開では時々水飛沫を被るコンディション。

そんな中、9馬力搭載のゴムボが凄い勢いで横切る。あれだけの機動力があったら色んな所に行けるんだけどなぁ〜と、指をくわえて見てました。方角的に多分沖磯に行ったようです。

この日は他に3隻のボート釣り師が居ましたが、海上で釣果を聞いても、皆ポツポツ釣れてる程度。まだ時期が早いようです。

この後流し釣りオンリーで広範囲を探りましたが、キスの群に当たらず。群に当たったと思ったら…
f0346768_16401036.jpg
極小のバーサーばかり。

仕方ないので一発逆転マゴチゲットを狙い、ワームを投げ、投げ、投げ、投げ…シーン…。
釣れないし、そして1人釣行がここまで寂しいと感じたのは初めてでした。
この日は11時に見切りをつけて撤収しました。

この日の釣果はこれ↓
f0346768_16415961.jpg
 
ゆっくり片付けしてたら先程の9馬力ゴムボも帰還してきました。
話を聞くと、やはり沖磯まで行ってた様子。
釣果はキスが数匹とのことだが。 、ただあそこはヒラメやタイが上がると聞く。
片道約30分…。行くには遠いが釣果は期待出来る。次は行ってみるかな。

[PR]

# by loveboatfishing | 2018-05-19 17:12 | 二馬力ボート釣り | Comments(6)

篠島釣行第二弾

最近は朝晩の冷え込みが半端無い。
しかも風も半端無い程強いし、季節はメッキリ冬突入。
寒過ぎますよ〜(´Д` )
こりゃいよいよボート釣りシーズンは終了ですな。
…がしかし、ヘッポコの釣り行脚は終了する訳にはいきません!!

11月25日(土)
今日は昼過ぎから用事があるため事前に休みを頂戴。
午前中はゆっくりしようと思ってたら、昨夜家族から「カレイの煮付けがまた食べたい!」との依頼を受注。
ぃよーし!分かった!!
座布団カレイ食べさせてやるよ〜!
しかもヘッポコ前回の釣行でどうしても食べたい魚があった。
今回そのターゲットも含めて再度陸っぱり勝負を決行。

…ということで、今回も
陸っぱりヘッポコ釣行 篠島編 
第2弾 はじまりはじまり〜♪

今回も朝は5時前に家を出発。
予報では地元の風が北西2mだったが、家を出た時に感じた風速は5m程あったため予報があてにならない様子。…現場の予報は4m〜5mではあるが、多分それを大きく超えていると思われる。寒いだろーなぁ(;´д`)

道中餌屋で青虫を二杯とゴールドを一杯購入後、フェリー乗り場へ6時前に到着。
今日は土曜ということで、多くの釣り人が集っていました。
f0346768_08082420.jpg
今日も綺麗な朝焼けが見れました。
綺麗な朝焼けに大漁の期待が膨らみますね〜♪

始発は6時25分。
今日は釣り客が多いため一本早く臨時便が出ることに。
イヤーこの粋な計らい、ありがたいですね〜。
6時15分に港を出航、到着が6時半前。
到着と同時に釣り人達がフェリー乗り場から散り散りに。
ヘッポコも負けじと鉄板釣り場までいつもの1.5倍の速さで向かいました。

釣り場に到着すると一番乗りでした。
しかし海には決まってタコ網がしっかり待ち構えています。
前回の教訓で、網の通って無い場所を釣り座に、三本竿で勝負することに。
早速準備。一本目を投げ終え、二本目の準備に取り掛かってる最中、鈴がチリリ〜ン…キタ…(★∀★)
早くも一本目の竿にアタリが。
朝マズメは期待大です。
しかし焦る気持ちを抑えて二本目を投入。
鈴は変わらず鳴ってる。チリリリ〜ン…。
そして気持ちに余裕を持たせて三本目を投入後、一本目の竿を握りしめてグイッと合わせっ!
確実に重り以上の重量を感じました。
しかし巻き取るリールは然程抵抗を感じない。
ん〜小さいな…だけどカレイなら有難い…。さてお前は何奴だ?
水面に上がってきたのは…






f0346768_12125696.jpg
24㎝の少し小ぶりのイシガレイ君。
マコガレイ狙いではあったけど、とりあえず一投目から幸先が良い。
この調子で行きたいと願いを込めて朝日にカシャ📸
f0346768_12150748.jpg

すると願いが叶ったのか数分後、少し手前に投げた真ん中の竿が、けたたましく動き出した。
キタキタキターッ!!
しかしもう少し喰わせるか。
と余裕をこいてたら、横にラインが引っ張られ、引きが強過ぎて竿立てをなぎ倒し、尚も竿はズルズルと引っ張られた。
ヤバイヤバイ!!!
倒れた他の竿には目もくれず、慌てて竿を握りしめて力強く合わせ!!
するとガンガン奴は引きやがる!
キタぞ!!?デカイッ!!
一昨年味わった事のある、あの引きに似てるぞ!?
この引き方は座布団カレイだっ!?

ラインを出そうものなら、底にへばりつくからドラグは締めたまま。ハリスは5号、道糸はPEの1号。食わせは充分!こちらの装備は重装備だ!
根スレが無い限り少々強引に引っ張ってもイケる!
ガチの勝負だ!!うぉりゃー!!

「ざーぶーとん♪ざーぶーとん♪」

頭の中では座布団コールが鳴り止まない。
格闘する中、水しぶきと共に水面遠くに姿を見せた!!がまだハッキリ見えない。
期待大の中、頭の中で座布団コールと声援が鳴り止まない。
「ざーぶーとん♪ざーぶーとん♪ざーぶー…!?ん??」

しかし姿を確認して座布団コールが一蹴された…



上がってきたのは…




マジかー!!!???







どべーんっ!!!
f0346768_12360568.jpg
頭の中のコールが座布団からドラム缶に変わった瞬間だった。「ドーラム缶♪ドーラム缶♪…」

正体はなんと、化け物の様なヒガンフグ。
測ると42㎝。

いつもなら即リリースするが、今日のもう一つのターゲットは実はヒガンフグ。
前回の釣行で、ここの地元の知らない爺様が捌いてくれたが、やはり不安が付きまとい食べれなかったが、今日はちゃんとした場所に持って行き捌いてもらおうと決めていた。
味はトラフグと引けを取らないと、師匠からのお墨付き。
この場所は良い型のヒガンフグが釣れるから、持って帰ると決めてたが、いきなりコレが上がったのでビックリ。

とりあえずクーラーにin。
このあといつもの25㎝程のヒガンフグを二匹追加してアタリがパタッと止まった。

そして餌が底を尽きかけた11時半頃、竿先に微妙なアタリ。
その後に糸フケが…。ん??
糸を張り直すと、クイっと竿先が曲がる。
…っし!キタ…と確信して合わせてやると、確かな重量。
上がったのは…








f0346768_12530713.jpg
ありがとーう!!嬉しい追加の本命マコガレイ君。
27㎝とまあまあのサイズ。
即締めてクーラーにin。

この後道具を片付けて旅館巡りをした。
なぜならふぐを捌いてもらうために。
ヘッポコ今回はどうしても河豚を食べたかったのです。
しかし、5軒ほど旅館を当たったが、島の旅館からはどこも「うちはそんなのやらないよ。」と玄関先で冷たくあしらわれた。
お代を払うと言っても昼時のクソ忙しい時に持ち込まれても迷惑なんだろう。
肩を落としながら最後の島の食堂に入り交渉。
するとそこの女将から、土日は忙しいから対応はしないけど、今は客が空いたからやってくれると承諾を得ることが出来た。

持って来られた鍋にフグを入れると尻尾が飛び出して、入りきらない。女将さんはその様を見て「うっわー大きいねー、こんなの店で食べようとしたら、一万円はくだらないよ。」と言われ直ぐ捌いてくれた。
女将さん、本当にありがとー!!
ヘッポコ感動で泣きそうに(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

良い人がいる食堂です。
皆さんもし島に行ったら、是非共ごひいきにしてやってください。
f0346768_15523408.jpg


さて大小問わず一匹800円で三匹捌いてもらい、2400円で食べれる河豚が手に入った。

その姿がこれ↓
f0346768_15424249.jpg
小さく見えるがデカイやつの身の直径は10㎝以上あり、ぱつんぱつん状態。
とりあえず小さい奴から三枚に捌くついでに、余った肉を刺身醤油に浸してパクっ………モグモグ…。
…モグモグ……ん!?んん〜!!?美味いっ!∑(゚Д゚

身は魚とは思えないくらいのプリップリな歯応え。
そして噛めば噛む程に旨味が出てくる。
「ヒガン河豚ってこんなに美味いの!!?」
家族も絶賛の同意見。

美味過ぎるー!!!
ヒガン河豚恐るべしー!!

一日寝かすと尚旨味が出ると教えてもらったので、この日はヨダレを拭きながら我慢して冷蔵庫へ。
さて何料理にしてやるかな〜(*≧∀≦*)

今回は新たな陸釣りの楽しみも増えた釣行となり、花マルな一日となりました。

[PR]

# by loveboatfishing | 2017-11-25 19:51 | 篠島 釣り | Comments(4)

2馬力中止の陸っぱり釣行

いよいよボートシーズン最終盤。
今月の釣行は大事にしたいところ。
しかし今週は頭から寒気が押し寄せ、週の中日から爆風の予報。
仕事も多忙となり、タイミングを逃すと次はいつ休みが取れるか分からない状態。
なのに会社からは休めと言われる。
そりゃ無理な話しですがな〜(゚д゚lll)
まぁこれが現代社会の実態なんでしょうね。
いずれにしても休みのタイミングを取るのが難しい。
そんな中タイミングをはかって、とりあえず休みをゲットしたが、決まってボートは出せない天候だ(TT)
だったら陸っぱりで勝負したるっ!!

そんなこんなで今回はヘッポコ釣り師陸っぱり釣行  篠島編です。

11月15日(水)
投げ竿3本とトラウトロッドをロッドケースに推し詰め、クーラーとキャリアと釣具リュックを車に投げ込んで、5時に家を出発。
行き先は師崎フェリー乗り場へ。
f0346768_08090275.jpg

師崎のフェリー乗り場から朝焼けが優しくヘッポコを包んでくれました。
癒されるこの感じええね〜…。
この時、ふとある事に気が付きました。
天気予報の風が言うほど無いことに…。
ボート釣り行けたじゃん…。
…言うまでもなく、フェリーの中で沖を見ながらかなり後悔…_:(´ཀ`」 ∠):

さて篠島に着いたのは6時半過ぎ。
気持ちを切り替えて、いつもの鉄板ポイントへテクテクテクテク…。
そーです。今日の狙いは今が旬の魚、カレイちゃん。しかし陸っぱりから狙うなら島に渡った方が確率がウンと高い。
しかもこの時期は卵も携えてますから、美味いことこの上なし!!
もう考えただけでヨダレが出てきそう…( ˊ̱˂˃ˋ̱ )
そう考えながら釣り場に到着。

やるぞー!!と意気込み海を見渡すとタコ網のブイが岸から約50m〜100m先にしっかり構えておりました(TT)なんてこった〜囧rz
漁師さん、こりゃないですよ〜と思いながら、ブイとブイの間で釣り座を構えて第一投。
糸は5色まで出てました。
ここまで投げれば大丈夫だと思い、仕掛け着底後少しさびくと、ん?根掛かりか?が、少し引っ張れる…。しかしそれ以上引っ張れない。そうです第一投目からタコ網と接触。
釣り場のコンディションは最悪。
しかし何とかタコ網とタコ網の隙間を探り当て、そのラインの沖と少し沖に投下。
とりあえず二本を投げ終え、景色をバックに記念撮影。
f0346768_08093248.jpg

釣り場は風裏になるので、北風に晒される事はない。かなり環境が良いです。

さて投げ竿をガン見で殺気満々の臨戦状態のままま約1時間経過…。
房掛けの餌は上げる度に無くなっているが、魚がのらない。
朝日に照らされ、体操座りで佇んでいる中、手前の竿先が曲がったまま、ちょんちょんしながら怪しい動きをしだした。
よーしよしきたぞー!!と思う気持ちをグッと堪えてタバコに火を着けて待つ事3分。
なおも竿先は曲がったまま。
竿を握りしめて勢い良く合わせた。
すると確かな手応えを感じた。
上がってきたのは…



f0346768_07425482.jpg
26cmの肉厚のマコガレイちゃん(о´∀`о)
うんまそ〜ぅ♪
しっかり締めてクーラーにin。

とりあえず一匹ゲット。
今日は家族から人数分は釣ってきてくれと催促されたので、あと3枚。
こりゃいけるかも〜♪?と物欲を垂れ流しながら、二匹目を待ってたら、地元の人が登場。
「おー釣れるかー!?」と言われ後ろを振り返ると、年配のお爺さんが立ちションしながら聞いてきた。
…いや、お父さん、せめて用足し終えて呼び掛けてよ…。
と思いながら対話してる最中にまたアタリが!
竿先には結構な引き。
ヨシ!いったるぞ!
リールを巻くと結構な重量と暴れっぷり!!
来たか!来たなこりゃー!!?
水際まで寄せると上がってきたのは…



f0346768_07560431.jpg
フグー!!!?

めっちゃ期待したこともあり、あったまにきたから海に投げ捨ててやろうと思ったら、地元のお爺さんが、
「おー!!こりゃえーの釣ったな!そりゃどえりゃーうめーぞ!!」とテンションアゲアゲで近寄って来た。
ここから爺様としばしやり取り。

ヘッポコ:「捌けないから捨てますよ〜。」
爺様:「ワシが捌いてやるからナイフがあるなら貸せ!これは皮と肝を食べんだら、ええんだわ!こりゃ焼いても、鍋に入れても最高だそ!」宝物を見つけた子供の様な眼差しで真横に取り憑かれた。
ヘッポコ:「なんなら持って帰りますか?」仕方ないのでナイフを手渡すヘッポコ。
爺様:「……いや、ワシはえー」
いらんのかい!?しかもなんだ、今の間は?本当に捌けるのか?かなり不安になった。
しかし爺様はナイフをかざすとおもむろにフグを捌き始めた。手付きは慣れた様子。
ヘッポコ:「お父さん上手ですね?調理師の資格を持ってんの?」
爺様:「おお、そんなんありゃせんわ。でもわしゃ漁師やから、捌けるんじゃ。」
いや、それダメなやつだよね〜(´Д` )

とりあえず捌いたフグを頂いたものの、かなり不安が付きまとう。
とは言え貰った手前やっぱり要らないとは言えず、とりあえずクーラーにin。
爺様は気を良くしたのか、そこからいっとき離れずで、竿の周りをしゃべりながらウロウロしだした挙句、終いには竿から出ている道糸を帽子に引っ掛けて現場は荒れ始めた。
あーあー全くも〜勘弁してくれ〜(´Д` )

すると急にぶつぶつ言いながら離れて行った矢先に竿先に魚信が!
竿尻がフワッと浮く結構な引きだ!
よし!今度こそは…!
と、またも型の良いフグ。
勿論爺様はその様子を遠目でこちらをガン見してる。
ヤバイまた来るぞ!!
高速で針を外しフグをリリースすると、爺様は振り返って素直に帰って行った。
やれやれな時間を費やしてしまったε-(´∀`; )

場荒らしのハリケーンが過ぎ去って、小一時間程経過した頃にまた明確なアタリが一回あった。がそれから音沙汰なし。
ん〜のらなかったかなぁ〜(;´д`)
するとそこから糸ふけが続く。
軽く糸を張り直す事二回目でふと気づく。
ん??なんかおかしい?
他の竿も鉛は同じ。なのにこの竿だけ糸ふけって…ありえない!
こりゃヤツ独特の仕業だ!!
ここでゆっくりと竿を引くと重みを感じたので、大きくしゃくると竿がしなった!
締め上げる重量感を感じながら、水面に顔を出したのは…



f0346768_12394381.jpg
35cmのマコガレイちゃん。
身体がパンパンッ!美味そ〜(*≧∀≦*)

あと二匹!とはそう上手くいかず、この日はこれが最後で餌もなくなり終了。
13時過ぎのフェリーに乗って帰宅しました。

カレイは二匹共煮付けで食べましたが、4人家族でも充分な量。そして味はやっぱり最高でしたね〜♪(´ε` )

ん?フグはどうしたって?
これがその話題のフグちゃん。
f0346768_12471932.jpg
まな板に寝かして少々考えましたが、やはり怖くて食べれなかった。
でも身は本当にプリプリで美味しそう。
今度調理師免許取得に挑戦してみようかと思います。



[PR]

# by loveboatfishing | 2017-11-15 23:49 | 篠島 釣り | Comments(4)